今日は新学期早々に中学校のトイレの尿石とりでした。

これ一番イヤな仕事です。

中学校校舎

平日ですから、生徒がいます。

顔隠しと顔を保護するためにマスクはします。

中学生ですから、まだ素直な子が多いですが

中には、完全に人をバカにしている白い目の子もいます。

 

それはともかくとして、1日便器の清掃ですから気分はとても憂鬱です。

清掃は尿石とり専用の洗剤を使います。

汚れない様に、ゴム手袋をして100均で買ったアームカバーもします。

こういうのは自腹が常識の業界です。

 

尿石とり専用洗剤を水で希釈して、最初は刷毛で尿石に塗布します。

正確には便器全体になってしまいます。

少ない尿石は洗剤だけで、自然と取れますが

取れないのは、清掃用の軽石でこすります。

床には汚いので、膝とかはつきません。

中腰でずっと作業をします。

腰に負担がきます。これもイヤな要素のひとつです。

 

専用洗剤はかなりの量を使います。

中学校はエレベーターがありません。

最初の清掃用具の移動は結構大変です。

上から下に効率よく回らないと余計な上下の移動が発注してしまいます。

 

便器清掃中はトイレの前に看板を立てますが

始業・就業のベルには注意をしていないと

休み時間は平気で生徒が入っています。

尿石で黄色く汚れている便器を写真の様にキレイにします。

女子トイレ

2階の女子トイレの清掃中でした。

残りは個室の便器2つです。

中学校のトイレは、生徒が清掃で水を流しやすい様に

個室の下が10センチ程あいています。

2人残って、他の作業員は次の場所に用具を移動して作業をします。

就業のベルがなりましたが、私の他の作業員は清掃が終わりました。

私もあと数分で終わるところでしたので、終わった作業員に

生徒が入ってこない様に、トイレの入り口で見張っているように指示していました。

ところがいきなり生徒が入ってきて、用をたしはじめました。

びっくりしたのは私です。

問題にならない様に、あわててトイレの外に出ました。

見張りを指示した作業員はいませんでしたが

男が個室のドアをあけて清掃をしているのに

入ってくる女子生徒はどういう神経なのでしょうか?

そういう点も、気をつけないといけないのでイヤですね。

 

意外と一番汚いのは職員(先生)用トイレなんです。

清掃は生徒ではなくて、職員がします。

学校の先生は忙しいと言いますから、仕方ないのかも知れませんが

生徒は職員用は利用出来ないから知らないとはいえ、

模範となるべき先生が手抜きをしているのには、どうなんでしょうね?