春休みになると、小中学校の給食室の清掃が入ります。

今日は3人1チームで古い換気扇タイプの中学校でした。

9時過ぎに学校に到着。

最近は打ち合わせや職員への挨拶は若いものにまかせてます。

業務用換気扇は3機ついてました。

換気扇

清掃前に換気扇の動作確認を行います。

若者は真ん中のシャッターの開閉が悪いので、それを職員に伝えています。

私は経験上、シャッターの開閉状態を見て油汚れで開閉が悪いだけで

シャッターには異常は無いと経験上思っていましたが、口には出しません。

作業前に、状態をお客様と確認するのは正しい事だからです。

 

とても天井が高い給食室です。

180センチの脚立にのって、手はずっと上にあげて天井などを

清掃するのは体力的に疲れます。

換気扇は2メートル以上の高さの壁に3機ついています。

換気扇の取り外しとフードの清掃は若者にまかせて

私は取り外した換気扇の洗浄をする事にしました。

 

たらいの様な清掃用の四角いトレイに

業務用の油汚れ用の洗剤を希釈していれます。

換気扇をバラしてつけます。

モーターや配線に水がかからないように注意が必要です。

モーター等に水がかかると故障してしまいます。

最悪の場合、古いタイプであれば、部品がない可能性もあります。

 

あとは中腰で、換気扇の油汚れをスポンジ等でこすりながらおとしていきます。

裏返したり、立てたりしないと全面の清掃は出来ません。

年1回の清掃では、1機の換気扇をきれいにするのに1.5時間はかかります。

水がかかっても良ければ、30分もあれば終了すると思います。

水濡れに、気をつけながらの作業は時間がかかります。

 

業務用の油汚れ洗剤はとても協力なので

水に完全につけて良ければ、3時間も放置しておけば

こすらないでも汚れはほぼ落ちます。

 

途中で昼食をとり、換気扇の清掃と

フードや天井等の清掃が終わったのが午後2時頃、

換気扇を取り付けて動作確認を行い、床や排水口の清掃が終わったのが午後3時過ぎでした。

真ん中の換気扇は、予想通り清掃後のシャッターの開閉は正常になっていました。